プリウスについて

日本の誇るハイブリッドカーの先陣を切ったのがトヨタのプリウスです。

このプリウスは世界に先駆けて初の量産ハイブリッドカーとして1997年に作られた車です。

現在で既に3代目となっているのですが、初代モデルは散々な結果に終わり、ハイブリッドカーの未来はないかと思われましたが、2代目に入ってエコカー補助金やエコカー減税が施行されたおかげで大ヒット車種となりました。

この車のいいところはまぎれもない燃費がいいことです。

カタログ値では最大32.6km/Lという数値は今がかつて量産車では見ることができなったものです。

しかし、問題はデザインと価格、デザインははっきり言ってこのデザインで普通のガソリンエンジン車であって、エコカー減税やエコカー補助金の対象車でなかったら全く売れなかったのではないかといわれるほど変わった形をしています。

このデザインを例える時に「小学生に未来の車を描いて」といって描かせたらきっとこういう車を描くだろうといわれるほど、車らしくないよく言えば先進的、悪く言えばデザインセンスを疑うようなものとなっています。

次に価格面ですが現行モデルで一番高いものが約350万円、安いものが約230万円となっていますが、よく考えてみてください!1800ccの大衆車に300万円を超えるお金を出しますか?

1800ccエンジンを搭載するオーリスでは一番高いグレードで約230万円で購入できるのです。

ハイブリッドカーであろうがガソリンエンジン車であろうが1800ccクラスの大衆車という車格であることに変わりはないので、それでいて高級車を購入できるほどの価格設定は正に開発費の補てん以外何物でもないのです。

お金が余っていて、デザインにも無頓着で、燃費が良ければエコのつながると思いこんでいる方であれば何もこの車を避ける必要はありませんが、プリウスも他の車と同様に自動車なのです。

ハイブリッドカーである前にエコカーである前に自動車なのですからこの部分をしっかりと見てからプリウスの善し悪しを考えたほうがいいでしょう。